はじめまして、もんふじと申します。
この記事では僕のプロフィールについてお話ししていきます。

nigaoemaker

●ハンドルネーム:もんふじ
●生年月日:1985年12月3日
●出身地:静岡県
●血液型:O型
●性格:のんびり、まじめ(バカ正直ともいえます…。)、人見知りしない
●趣味:卓球、硬式テニス、カラオケ、バイク(Kawasakiのエリミネーター250Vに乗ってます。)

以前は、公務員でした。

実は、以前は公務員として某市役所に勤務していました。
6年間で5箇所の部署を経験しています。

 

最初は税務部門で、住民税の課税業務を経験しました。
市民の皆様から収めていただく税金を計算したり本人に通知する部署なので、
少しのミスも許されません。
しかもこの時、世間はリーマンショック直後でいわゆる不景気な状態…。
公務員への風当たりは強く、「誰が飯食わせてやってるんだ!」
ぐらいのことをカウンターや電話越しに言われることもありました。

一方で、市民の皆様と直接対面するので、「丁寧に説明してくれてありがとう。」
とお褒めの言葉を頂けることもあり、そんな時は、
「ああ、こういう人たちのためにも頑張ろう!」と思ったものでした。

 

次は、総務部門に配属されることになりました。
庁舎内の文書管理の統括や、情報公開請求への対応といったかなりおカタイ仕事でした。

またこの時、1年で選挙が3回あり、選挙管理委員会(選挙事務のスタッフです。)
という貴重な経験もさせてもらえました。

 

総務はたった1年で終わってしまい、次は企画部門に配属になりました。
仕事内容は、大学生と共同研究をしたり、市の一番大きい計画を管理したり、
再生可能エネルギーについて担当したりと、とてもやりがいを感じていましたが、
まぁ仕事量の多いこと多いこと…。
土日含めて毎日午前1時半帰りというのが続いた時もありました。

ここで体に異変が出はじめました。

「頭痛が2カ月以上治らない…。」

…この辺りから、日々の業務や自分自身のこの先の人生について
疑問や不安を抱くようになりました。

「自分のしている仕事は本当に人のために役立ってるんだろうか?」

「体を壊してまでやらなきゃいけない仕事なんだろうか?」

「こんな状態を定年退職まで続けられるか?」

 

また、これは公務員によくある話ですが…、
公務員は勤続年数をベースにお給料が自動的に計算されます。
だから同じ時期に入庁した人間の給与はほとんど一緒です。

勤務態度や成果は関係ありません。
しかもクビになることもありません。
これらは一般的に、公務員が安定だといわれる理由ですが…、
一生懸命働いている人間からすると、

「なんであんなに適当に仕事してる人が自分より高給なんだろう?」

と、不満を感じるポイントとなります。
グループ内の仕事配分でも当然、一生懸命な人が難しい案件を担当し、
そうでない人は単純業務を担当するといったことになります。

「一生懸命やればやるほど負担だけが増える。」

つまるところ、そういう環境がそこにはあったのです。
この現実に直面して、僕は例えようのない絶望感に襲われました…。

アフィリエイトとの出会い

定年退職まで公務員として働き続けることに疑問を感じ始めた僕は、
転職を考えるようになりました。

…とはいっても、通常の民間企業だって同じような状況…。
いや、企業によってはもっとひどい環境だってたくさんあります。

「いっそのこと、弁護士や税理士を目指そうか?」

そう思ったこともありました。
夜遅く仕事から帰ってきて、転職情報を調べまくる毎日…。
違う職種の友人にも現場の話をたくさん聞いてまわりました。
しかし、調べてみた職種のどれもが、何かしっくりこなかったのです。

「やりたい仕事が見つからない。」

そんな壁にぶつかり、いったん考えを整理することにしました。

「そもそも僕は、どういう人生を歩みたいのか?」

職種から選ぶのではなく、人生観から逆算するように考え直したのです。
なぜなら仕事は自分の人生を歩むためにあると考えたからです。
考えた結果、抑えたいポイントとして以下のものが出てきました。

●誰かの役に立つこと
●努力が報われること
●意思決定を自分ができること
●ひとり、もしくは少人数でやれること
●場所や時間にとらわれないこと

意思決定を自分でできるのは経営者しかいないと思ったので、
まずは企業に転職という選択肢はなくなりました。

次に、ひとり、もしくは少人数ででき、かつ場所や時間にとらわれないという点。
この条件で絞った瞬間、インターネットビジネスという選択肢が出てきました。

インターネットビジネスもせどりや投資など、色々とありますが、
生涯の仕事として長く続けられるものがいいと考えた時、
アフィリエイトという答えにたどり着いたのです。

夢、それと今後の目標

まずは家族(妻と子供2人とうさぎ1羽がいます。)をこれからも大切にしていきたいですね。

そしてもうひとつは、

「同じ想いを持つ人たちの役に立ちたい。」

です。

僕自身が、悩みに悩み抜いて人生や仕事について考えた結果、
アフィリエイトという答えにたどり着いたこと。
そして今日にいたるまで味わってきた経験談を、
このブログを通してあなたにお伝えできたら、
そしてあなたが望む人生を目指すうえでお役に立てたら、と思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。